タイムラプス/ビデオ撮影補助システムの Skypix Japanサイト・マップ

スカイピクス・ジャパン Skypix Japan






SKYPIXはどんな会社?







LRTimelapse

LRTimelapseの日本語サポート・ページはTOPメニューのLRTimelapseからどうぞ!

タイムラプス撮影 ビデオ撮影

  製品の選択方法



「SKYPIX製品に興味があるのだが、製品の種類がたくさんあり過ぎて何をどう選んだら良いのかわからない!」
「説明も複雑でわかりにくい!」

それもそのはずです。 SKYPIX製品はあらゆるニーズにお応えする為にあまりにも多様・多品種の製品を開発しています。 加えて数々の特長を持った機能を備えていますので、これらを一見で整理して理解するのは難しいことと思います。

まずどんな製品なのか? 製品群の全体像がどうなってるのか? どうやったら自分のニーズにあった製品にたどりつけるのか?
と言った皆様の疑問に少しでもこのページでお応えさせて頂きますのでご参照ください。



1. SKYPIX製品で何ができるか・・・

タイムラプス動画をカメラの位置や向きを動かしながら撮影して、見ていても飽きずにインパクトのある異次元のタイムラプス作品を作る事ができます。

            
ビデオ・カメラ(動画機能のあるカメラも)を搭載すれば、カメラの位置や向きを動かしながら撮影して、テレビのドキュメンタリー映像のような動きのある作品を作る事ができます。 



2. SKYPIX製品の魅力は?

パソコンが不要

 CPUを内蔵しています。 取扱が簡単でコンパクトです。 ジョイスティック・リモコンだけで全ての操作を直感的に行うことができます。 どなたにでも簡単にお使い頂けます。

シャッターを切る毎に完全停止する

シャッターを開いている間は全てのモーターを停止しますので、スローシャッターを使う夜景や星空タイプラプスが撮影できます。(この機能がないと、画像がぶれてしまいます)

自動計算機能で設定が簡単


シャッター速度、インターバル時間、モーターの動作量などの設定と撮影枚数、撮影に必要な時間は常に相互に自動計算されて、すべての項目が一画面に表示されるので、どなたにでも簡単に設定を行うことができます。

プログラム設定で自動運転が可能

航空機のオートパイロットのように、事前にセットしたコースを自動運転しながら各モーターを動かす他社には真似のできない先進の機能を持っています。(Proバージョン機)

機種が豊富

登山や海外旅行に便利な超小型軽量機からプロの厳しい撮影現場での使用に耐える大型堅牢機まで、ニーズにあった製品を選択することができます。



3. ではSKYPIX製品の全体像を・・・

システムは3つの装置で構成されています


(1) エンジン(コントローラーとも呼びます)

  
Q3 (DCモーター用・3軸) Q6 (DCモーター用・6軸) X3 Pro (パルス・モーター用・3軸) X6 Pro (パルスモーター用・6軸)

MD (ビデオDCモーター用・3軸)


アルマイト製ケース(青色または燈色)で出来ており、内部にはCPUが入っています。(PCは不要です)

液晶パネルの表示ウインドウがあり、操作はWiiのリモコン(ヌンチャク)を使います。(キーボードは不要です)

インターバル・タイマー機能でカメラのシャッターをレリーズ・ケーブルを介して制御します。(別途インターバル・タイマーは不要です)

インターバル・タイマーは各モーターと連動しているので、シャッターを開けている間にモーターは絶対に動きません。
  (夜景や星空を撮影してもモーションによるブレは発生しません)

エンジンには制御できるモーター数が3(軸)のものと6(軸)のものとがあります。

普通はパン、チルト、レールと3つのモーターだけを制御するケースが多いですが、ズームやフォーカスのモーターも制御するケースでは合計5(軸)となりますので、6(軸)のエンジンが必要となります。

エンジンには制御するモーターの種類によりDCモーター用とパルス・モーター用があります。 

■DCモーター機はマニュアル設定で自動運転を行います。
→事前に設定した各モーターの設定値に従って自動撮影を行います。 撮影中でも設定値は自由に変更できます。
自動車に乗ってオート・アクセル(クルーズ)で自動定速運転をするが、途中でアクセルやブレーキで手動運転をしたり、 オート・アクセルの設定速度を変えて自動定速運転するのと似ています。

■パルス・モーター機はプログラム設定で自動運転を行います。
→メモリーに覚え込ませたモーションを忠実に再現運転しながら自動撮影を行います
航空機が離陸前に何ヶ所もの経過地点の緯度・経度をCPUに入力し、離陸後はオート・パイロットで自動操縦するのと似ています。


(2) ローテーター
L-Rotate (DCモーター用) S-Rotate (DCモーター用) LX-Rotate (パルス・モーター用) SX-Rotate (パルスモーター用)

カメラを水平回転させるパン・ローテーターと上下に回転させる(傾ける)チルト・ローテーターがあります。 2つのローテーターは単独で使うこともできますが、通常はボルトで合体してひとつの装置として使用します。

ローテーターは直接三脚に搭載して使う場合(パン&チルト・システム)もありますが、普通はレール(ドーリー)の上に搭載して使います。 (アストロ・ドーリー・システム)

ローテーターには数十Kgの荷重に耐える大型(L-Rotate)と一眼レフ一台程度用の小型(S-Rotate)の2種類があります。

ローテーターにはDCモーター仕様とパルス・モーター仕様があります。

X3pt / X3pt Pro


エンジンとローテーターを一体化した
超コンパクト製品もあります
  SMF/DMF(DCモーター用)   SMFX/DMFX(パルス・モーター用)
     
カメラのズームやフォーカスを回転させる
特殊ローテーターもあります


(3) レール(ドーリーとも呼びます)

レールの上にカメラだけ載せて使う場合(ドーリー・システム)もありますが、普通はローテーターを搭載してその上にカメラを載せて使います(アストロ・ドーリー・システム)

レールには機能に応じて多数の種類があります。

レールに搭載するモーターはエンジンに合わせてDCモーター又はパルス・モーターを選択します。(一部どちらかのモーターしか使えないレールもあります)


 
型式で分類すると・・・ 

Mドーリー
単一レール
Sドーリー
小型軽量・単一レール
T / TDドーリー
組立式レール
TSドーリー
小型軽量・組立式レール
継ぎ目無しの1本なので組立ての必要がなく、すぐに撮影できます。 あまり長いと持ち運びに不便になります。3060プロファイルを使っていますので若干重たいが強靭です。 継ぎ目無しの1本なので組立ての必要がなく、すぐに撮影できます。 あまり長いと持ち運びに不便になります。2040プロファイルを使っていますので大変軽量です。 数本に分割されているので持ち運びに便利でかついくらでも長くできます。3060プロファイルを使っていますので重たいですが強靭です。 数本に分割されているので持ち運びに便利でかついくらでも長くできます。2040プロファイルを使っていますので大変軽量です。

 
Eドーリー
折畳式レール
Hドーリー
超小型軽量レール
ZSドーリー
1台3役特殊レール
Wドーリー
大型ビデオ機器用レール
ヒンジがついていて簡単に折畳めます。 現場ですぐに展開できますので組立ての面倒がありません。その割りに長さが確保できます。3060プロファイルを使っていますので強靭です。 特殊構造を持っており、レールが上下で反対方向にスライドするので、2倍の移動量が確保できます。三脚が1本で済むのもポイント。世界最小の移動・登山・旅行に最適なモデルです。 2040プロファイルを使っているので軽量でありながら、並行レールの構造で強度は3060プロファイル並み。簡単に組立て直してTSドーリー又は前進ドーリーとしても使えます。 特殊な高硬度鋼とベアリングを使ったビデオ用レールを並行にくみ上げており大型のプロ用ビデオ機器を搭載した電動スライダーとして最軽量を誇ります。分解組立てが可能です。

Gドーリー
小型軽量・ビデオ用レール
GWドーリー
ビデオ用ワイド・レール
GQ / GQWドーリー
モーター交換式ビデオレール
スケート・ドーリー
レール不要
特殊な高硬度鋼とベアリングを使ったビデオ用レールですので、ビデオ撮影用に滑らかな動作が可能です。 小型ビデオカメラ用です。 特殊な高硬度鋼とベアリングを使ったワイド幅のビデオ用レールですので、ビデオ撮影用に安定かつ滑らかな動作が可能です。 特殊な高硬度鋼とベアリングを使ったビデオ用レールに、ギア比の異なる駆動モーターをワンタッチで差し替え交換できるようにしたシステムです。 パン・チルトロテーター内蔵のX3pt/X3pt Proを搭載して、路面を走行するドーリーです。レールの代わりに4輪で走行しますので、距離は無限です。


 
素材で分類すると・・・

素材 画像 断面図 採用しているドーリー
 2040 Profile
0.74Kg/1m
    Sドーリー、TSドーリー
ZSドーリー
3060 Profile
1.45Kg/1m
Mドーリー、Tドーリー
3060D Profile
1.80Kg/1m 
   TDドーリー、Eドーリー
ビデオ用 省略 省略 Gド−リー、GQドーリー
ビデオ用広幅 省略 省略 GWドーリー、GQWドーリー


4. ニーズに応じた組合せの選び方

システムの選択の基本は、エンジンとドーリー(レール)の組合わせ選択です。 ローテーター類はそれに合わせてほぼ自動的に決まりますので、お客様の個々のニーズに合わせてエンジンとドーリーを選択してください。

以下は、想定されるお客様の個別条件毎に評価した、ドーリーとエンジンの組合わせの適合性一覧表です。
個々の条件の詳細内容によって結果は多少変わってきますので、詳細は遠慮なくお問い合わせください。

(字が小さくて見にくい場合は、表をクリックするとPDFファイルが表示されます)
  ※ このページをご覧頂いても良くわからない場合は、ご遠慮なく弊社までご相談ください。 電話、E-mailのどちらでも構いません。



会社概要 - 特定商取引法に基づく表記 - プライバシー・ポリシー
  
Copyright (C ) 2013-2016 SKYPIX JAPAN. All Rights Reserved.