タイムラプス/ビデオ撮影補助システムの Skypix Japanサイト・マップ

スカイピクス・ジャパン Skypix Japan






SKYPIXはどんな会社?







LRTimelapse

LRTimelapseの日本語サポート・ページはTOPメニューのLRTimelapseからどうぞ!

タイムラプス撮影 ビデオ撮影
  アクセサリー
 
  MDW無線コントローラー
ご購入について __

 製品名 販売価格 

 MDW 無線コントローラー \139,600
 外付バッテリー(Li-ion 12V 4,800mA、充電器付) \13,600

MDWは、3軸のDCモーターを使ったビデオ用ドーリー(モーターライズド・ドーリー)を制御する無線式ジョシスティック・コントローラーです。

MDWは、MDエンジンと共に使用します。(MDWにはモーター端子がありません。) MDエンジンのディップ・スイッチWを上げればMDWで無線コントロール可能です。 MDエンジンで有線使用時にはデイップ・スイッチのWを下げます。

MDエンジンはモーターライズド・ドーリーのエンジンなので、ADエンジンでは出来ない微妙なモーター速度の調節はもちろんの事、スイッチ転換なしに順方向と逆方向を速かに方向転換できます。

今までモーターライズド・ドーリーはレール・モーター一つだけコントロールしていましたが、MDエンジンは最大3個のモーターを同時にコントロールできます。 レール(左右)、Pan(左右)、Tilt(上下)の全てをコントロール可能な自由自在なモーターライズド・ドーリーとして使えます。

MDエンジンは3個のノブがあります。 M1(赤色)ノブはレール モーターを、M2(黄色)ノブはPanモーターを、M3(青色)ノブはTiltモーターをそれぞれ制御します。 それぞれのノブ上段には3個のLEDがあります。 LEDはモーターの状態を表示します。 赤色LEDはモーター停止、黄色LEDは右側(順方向)を、正色LEDは左側(逆方向)を意味します。

3個のノブの周囲には目盛りが表示されています。 目盛りは5段階に分けられていて、数字が大きいほど速度が速くなります。 直流モーターはログ曲線を描くので補正して一次関数になるべく調整しました。 倍の数字の速度が倍速になるようにプログラムしてあります。

電源は12Vであれば多様な外部電源が使用可能です。 モーターライズド・ドーリーは電源を多く使うので大容量電源やAC電源を推奨します。

ADエンジンとMDエンジンは互換性がありますのでエンジンを変えるだけでタイムラス用アストロ・ドーリー、あるいはビデオ用モーターライズド・ドーリーとして使用できます。

通信到達距離は室内で60m、室外で30mです。





製品仕様
サイズ: 40x80x119mm、重さ: 280g






会社概要 - 特定商取引法に基づく表記 - プライバシー・ポリシー
  
Copyright (C ) 2013-2016 SKYPIX JAPAN. All Rights Reserved.