タイムラプス/ビデオ撮影補助システムの Skypix Japanサイト・マップ

スカイピクス・ジャパン Skypix Japan






SKYPIXはどんな会社?







LRTimelapse

LRTimelapseの日本語サポート・ページはTOPメニューのLRTimelapseからどうぞ!

タイムラプス撮影 ビデオ撮影
  X3 Pro シリーズ
 
  X3 Pro-E ドーリー・システム(折畳式) (X3 ProエンジンとEドーリーのセット)
ご購入について __

 製品名 販売価格 

 X3 Pro-E1700 (折畳長 1000mm / 展開長1700mm) \393,400
 X3 Pro-E2000 (折畳長 1000mm / 展開長2000mm) \406,100
 X3 Pro-E2700 (折畳長 1000mm、3段折畳式 / 展開長2700mm) \431,400
 内蔵用バッテリー (Li-ion 16.5V 5200mA、2A 充電器付属) \40,700
 内蔵用バッテリー (Li-ion 12V 5200mA、2A 充電器付属) \40,700
リチウム・ポリマー・バッテリー 16.5V 5000mA (バランス充電対応) \9,900
リチウム・ポリマー・バッテリー 12V 5000mA (バランス充電対応) \8,900
リチウム・ポリマー・バッテリー用 急速バランス充電器 (最大充電電流5A) \11,000

※ ドーリー・システムはこのままでもレール・モーションだけのドーリーとしてお使いになれますが、通常はローテーターを載せて3軸モーション(レール・パン・チルト)ドーリーとして完成させて使います。

   
LX-Pan/Tiltローテーター  LX-Pan/Tilt & エンジン用ハードケース Eドーリー用ハードケース Eドーリー用ソフト・ケース Eドーリー用前進撮影レール




(上の写真のレール・プレートに装着されているレール・モーターはDCモーターです。 X3シリーズではパルス・モーターを使いますので形状が若干異なります。 無線リモコンは別売です。)


 しっかりとしたMドーリーの良さを折畳式で実現した本格派向けの製品です。



Eドーリーの特長

3軸のモーターを制御するX3 ProエンジンをEドーリーに搭載したX3 Pro-Eドーリーです。 Eドーリーはレールを1/2または1/3に畳めるように製作されており、移動の際に大変扱いやすく、現場ですぐに設置して撮影にとりかかれます。  レール展開長により1700mm、2000mm、2700mmの3種類があります。 いずれも折畳時には1000mmの長さになります。

Eドーリーは折畳むとレールが約1/2に短くなります。 特にE1700とE2000はすべての装備を装着したまま折り畳めますので撮影現場で素早く撮影に取り掛かれます。 折曲げ部分は、EXプレートを使用して組立て時に2本のレールが自動的に整列するように作られています。 開いて、裏側の2つのEXプレートをスライドしLレンチで締め付けるだけで準備完了です。


その他の特徴

X3 Proエンジンとの組合せでは、各モーターの速度や方向を設定して自動撮影運転をするマニュアル・モード(Q3エンジンと同等)と、事前にモーションを実行してメモリーに記憶させて自動撮影運転をするプログラム・モードの両方を選択できますので、撮影現場の状況・条件に応じて臨機応変な対応が可能で大変便利です。 またパルス・モーターを使用していますので、DCモーターを使用しているQ3エンジン機と比較すると運転音がかなり静かになります。

Eドーリーは3060プロファイル レールを使って強風でもガタ付かない精密・強固な構造で製作されています。 強い風が吹く海や山でも撮影が可能で、砂が多い砂漠でも使用可能です。 プロの現場での使用に耐える安心の強度を持っています。

Eドーリーはタイムラプス用ですが低速のビデオ撮影にも使用できます。

Eドーリーのモーターは水平設置で20kg、垂直設置で8kgを牽引できます。 一眼レフカメラ 2台の3Dシステムや数台を載せたパノラマ撮影も可能です。 ビデオカメラならプロ用のBMCC、C300、C500、REDなどの大型撮影機器も十分に使用できます。 鉄心が数本埋め込まれたウレタン・ベルトを使用しているので、伸びたり切れたりしません。 

Eドーリーにローテ−ターを搭載される際は、LX-Pan/Tilt(大型ローテーター)がマッチします。 

プロファイル標準型は白色です。 カラー・プロファイルを使うと、暗い夜はレールがよく見えませんが、カラー・バージョン(オレンジ、レッド、ブルー)を希望される方はご指定ください。 カラー着色費用は別途必要です。

バッテリーは内蔵用、外付用含めて12Vと16.5Vの製品が用意されています。 バッテリーの選択方法については、X3 Proエンジンのページをご参照ください。





E1700を伸展して地面に置いて撮影している様子(写真ではQ6エンジンを搭載しています)




E1700を伸展して三脚に設置して撮影している様子(写真ではQ6エンジンを搭載しています)





【X3 Proエンジンの主要機能】

- パルス・モーターを使用するので運転音が大変静か
- プログラムXエンジンに加え、マニュアル設定Qエンジン(擬似モード)も搭載
- 撮影の環境・条件によってプログラム設定運転とマニュアル設定運転を使い分けられるので大変便利
- プログラム設定運転では、複雑なモーションであっても事前に実際に動かしながら動作経路をプログラムして自動撮影運転が可能
- 3個のモーターにそれぞれ最大9ヶ所の通過位置をプログラム(指定)可能
- マニュアル設定運転では、随時設定・変更する各モーターの方向・速度で自由自在に自動撮影運転が可能
- ユニパス撮影(モーター移動距離により区間別撮影枚数を自動計算する)
- フリーパス撮影(区間別に撮影枚数を指定できる)も可能なので、区間別に自由にモーション速度の調節が可能
- 位置指定後修正可能
- 撮影運転中でも設定値の修正が可能
- 位置区間別撮影枚数でモーション速度調節可能
- 撮影枚数を入力すれば自動で撮影運転
- タイムラプスとビデオ撮影可能
- 16字4行大型LCD装着
- メイン画面ですべてのモーション設計可能
- 3軸(パン、チルト、レール)ステッッピング・モーター制御
- 3個のモーター最大9個の通過位置指定可能
- 13段階速度可変可能(60RPM 〜 300RPM)
- リバースおよびリピート反復撮影可能
- リハーサル・モード(ポジション確認用でカメラLive-viewで位置確認)
- 多くの一眼レフカメラレリーズ連動
- シャッター速度0.1 〜99.9秒(0.1秒ステップ/0.1秒以下はカメラ側で設定)入力
- インターバル時間0.7〜99.9秒(0.1秒ステップ)入力
- Lead in/out(最大999カット)、Ramping(最大999カット)
- レール端のリミット・スイッチ用端子装備
- プログラム撮影中に直ちに取り消し可能、ポーズ(ストップ・モーション)可能
- 有線式または無線式3軸ジョイスティック・リモコンで直感的にメニューとモーション設計


【E ドーリーの主要機能】

- 折畳式レールなので素早く組立ができ、持ち運びが楽で移動性が高い
- 強靭な素材と構造にてプロの現場での使用に絶える
- レール端のリミット・プロテクトが可能(アセンブリーは別売)
- パルス・モーター搭載(水平設置で20Kg、垂直設置で8Kgを牽引)
- 引張力が高いウレタン・ベルトにて伸びたり切れたりしない
- EXプレートでレールを自動整列し簡単にレール組立てが可能
- パン、チルト・ローテーター LX-Pan/Tiltが使用可能(別売)


製品仕様
X3 Proエンジン、有線式3軸ジョイスティック・リモコン、レール、EXプレート、ウレタン・ベルト、レリーズ標準装備

X3 Pro-E1700: レール長1700mm、サイズL1720xW180xH100、重さ5.3Kg
X3 Pro-E2000: レール長2000mm、サイズL2020xW180xH100、重さ6.9Kg



会社概要 - 特定商取引法に基づく表記 - プライバシー・ポリシー
  
Copyright (C ) 2013-2016 SKYPIX JAPAN. All Rights Reserved.