タイムラプス/ビデオ撮影補助システムの Skypix Japanサイト・マップ

スカイピクス・ジャパン Skypix Japan






SKYPIXはどんな会社?







LRTimelapse

LRTimelapseの日本語サポート・ページはTOPメニューのLRTimelapseからどうぞ!

タイムラプス撮影 ビデオ撮影
  X3pt シリーズ
 
  X3pt-TS ドーリー・システム (X3pt / X3pt ProエンジンとTSドーリーのセット)
ご購入について __

 製品名 販売価格 

X3pt-TS1500 (レール長1500mm、500mm x 3) \368,000
X3pt-TS1800 (レール長1800mm、600mm x 3) \380,700
X3pt-TS2000 (レール長2010mm、670mm x 3) \399,700
X3pt-TS2100 (レール長2100mm、700mm x 3) \399,700
X3pt-TS3000 (レール長3000mm、1000mm x 3) \418,800
X3pt-TS4000 (レール長4000mm、1000mm x 4) \450,500
X3pt Pro-TS1500 (レール長1500mm、500mm x 3) \431,400
X3pt Pro-TS1800 (レール長1800mm、600mm x 3) \444,100
X3pt Pro-TS2000 (レール長2010mm、670mm x 3) \463,200
X3pt Pro-TS2100 (レール長2100mm、700mm x 3) \463,200
X3pt Pro-TS3000 (レール長3000mm、1000mm x 3) \482,200
X3pt Pro-TS4000 (レール長4000mm、1000mm x 4) \513,900
内蔵バッテリー (Li-ion 16.5V 2600mA、2A充電器付属) \24,800
内蔵バッテリー(Li-ion 12V 2,600mA、2A充電器付) \24,800
外付リチウム・ポリマー・バッテリー 16.5V 5000mA (バランス充電対応) \9,900
外付リチウム・ポリマー・バッテリー 12V 5000mA (バランス充電対応) \8,900
リチウム・ポリマー・バッテリー用 急速バランス充電器 (最大充電電流5A) \11,000

※X3pt / X3pt ProエンジンとTSドーリーは別々に単体購入する事ができます。 TSドーリー単体の価格は、上記セット価格とエンジン単体価格(X3pt / X3pt Proエンジンのページをご覧下さい)の差額になります。

   
X3pt / X3pt Pro用ハードケース TSドーリー用ハードケース TSドーリー用ソフト・ケース LMリミット・ブロック  TSドーリー用前進撮影レール




 3軸制御ドーリーで本格的にタイムラプスを撮影を目指す、イチオシのアマチュア向けの製品です。 


TSドーリーの特長

3軸のモーターを制御し、パンとチルト・ローテーターを内蔵したX3pt / X3pt Proエンジンを、小型・軽量の組立式TSドーリーに搭載したX3pt / X3pt Pro-TSドーリーです。 TSドーリーは小型の軽量レールを数本連結する組立式で、長尺で使用できるにも関わらず移動時は大変コンパクトになる製品です。 アマチュアの方や写真家様などが多く使用されています。 

TS1500の場合、重さは2.7kgで、一度持っていただければその軽さに驚かれると思います。 軽量のドーリーを必要とされる一眼レフカメラをお使いになり登山や海外遠征で本格的な撮影をされる方に最適なドーリーです。

レールの長さにより1500mmと1800mm、2100mm、3000mm、4000mmまで用意されており、最大6000mmまで製作が可能です。

X3pt / X3pt Proを使用した各種ドーリー・システムの中で、最も高度な撮影が可能で、アマチュアからプロまで幅広くご愛用頂ける製品です。 同じ組立式ドーリーの中でも、頑強な重量級Tドーリーに比べて撮影機器の積載重量に制限があるだけで、ドーリーを使ったあらゆる撮影が可能です。 またオプションの前進レールとの組み合わせ使用が可能ですので、タイムラプス・ドーリーの機能として最高のパフォーマンスを持っています。


その他の特徴

X3pt Proエンジンとの組合せモデルは、プログラム設定による自動撮影運転動作(あらかじめモーションを実行させ、通過点をプログラム・メモリーさせた上で自動運転をする)だけでなく、マニュアル設定による自動撮影運転動作をするADエンジン・モードを使う事ができます。 ADエンジン・モードでは、モーターの回転方向と速度だけ設定させてとりあえず走行開始をする事ができ、あとは走行させながら自由に各モーターの回転方向や速度を可変しながら思いのままいくらでも運転を続けることができます。

TSドーリーは小型・軽量の2040プロファイル・レールを使用し、強風でもガタ付かない精密・強固な構造で製作されています。 強い風が吹く海や山でも撮影可能で、砂が多い荒野でも使用ができます。 

レール連結部分はEXプレート使って自動的に正しくで整列するように製作されています。  レールを地面に立てて組立てると簡単に速く組立ができます。

X3pt / X3pt Proは、1.5Kg未満の一眼レフカメラやハンディカムを搭載してタイムラプスとビデオ撮影が可能です。 1.5Kg以上を搭載するとステッピング・エラーを起こすことがあります。 (特に深い仰角を取った時。 浅い仰角までの使用ならば3Kg近いカメラ・レンズを搭載しても問題なく使用可能です。)

TSドーリーは鉄心が数本埋め込まれたウレタン・ベルトを使用しているので、伸びたり切れたりしません。 

TSドーリーはタイムラプス用ですが、低速のビデオ撮影にも使用できます。

バッテリーは内蔵用、外付用含めて12Vと16.5Vの製品が用意されています。 バッテリーの選択方法については、X3pt エンジンのページをご参照ください。




左が2040プロファイル・レールを使ったTSドーリー、右側が3060プロファイル・レールを使ったTドーリーです。  2040プロファイル・レールは小型で驚くほど軽量です。 ひとりで移動撮影する時には大きなメリットです。



軽量な2040レールを3等分割するので、レールの長さが1/3のサイズに短くなります。 例えばTS1500は500mm 3本で構成されています。 接続プレートで簡単に連結できます。 500mmレールなら小さな旅行用カバンにも入れることができます。 現場で500mm、1000mm、1500mmの長さの中から選択して連結して使うこともできて非常に便利です。 





X3pt Pro-TS2000で撮影中の様子




X3pt Pro-TS2000で撮影中の様子




X3pt Pro-TS2000で撮影中の様子

弊社HPのサンプル作品集の映像の多くがこのシステムで撮影されています。 このドーリー・システムで制限されるタイムラプス撮影はありません。 あらゆるモーションで自由に撮影が可能です。 是非参考にご覧になって下さい。





【X3ptの主要機能】  ※ X3ptエンジンの詳細はこちらをご覧ください

- 3軸(パン、チルト、レール)のパルス・モーター制御
- パンとチルト・ローテーターを標準装備(内蔵)
- プログラムXエンジン搭載。 複雑なモーションでも事前に実際に動かして動作経路をプログラムするので自動撮影運転が可能
- 3個のモーターにそれぞれ最大5ヶ所の通過位置をプログラム(指定)可能
- リハーサル・モード(通過位置確認用でカメラのライブ・ビューで位置と姿勢確認)
- 位置指定後修正可能
- ユニパス撮影(モーター移動距離に従い区間別に撮影枚数を自動計算する)機能
- 全体の撮影枚数を入力すれば、各区間別に撮影枚数は自動割り振りされてプログラム撮影を開始
- プログラム撮影中に直ちに取り消し可能、ポーズ(ストップ・モーション)可能
- タイムラプスとビデオ両方の撮影が可能
- モーター速度を13段階可変可能(60RPM 〜300RPM)
- パン360度回転の最大速度7秒
- シャッター速度0.1 〜99.9秒(0.1秒ステップ/0.1秒以下はカメラ側で設定)入力
- インターバル時間0.7〜99.9秒(0.1秒ステップ)入力
- Lead in/out (最大100カット)、Ramping(最大100カット)のランピング撮影が可能
- レール端のリミット・スイッチ用端子装備
- ほとんどの一眼レフカメラとレリーズ連動
- 16字4行大型LCDで見易い表示
- メイン画面ですべてのモーション設計可能
- 有線式または無線式3軸ジョイスティック・リモコンで直感的にメニューとモーション設計が可能


【X3pt Proの主要機能】  ※ X3pt Proエンジンの詳細はこちらをご覧ください

- 3軸(パン、チルト、レール)のパルスモーター制御
- パンとチルト・ローテーター標準装備(内蔵)
- プログラムXエンジンに加え、マニュアル設定Qエンジンも搭載
- 撮影の環境・条件によってプログラム設定運転とマニュアル設定運転を使い分けられるので大変便利
- プログラム設定運転では、複雑なモーションであっても事前に実際に動かしながら動作経路をプログラムして自動撮影運転が可能
- 3個のモーターにそれぞれ最大9ヶ所の通過位置をプログラム(指定)可能
- リハーサル・モード(通過位置確認用でカメラのライブ・ビューで位置と姿勢確認)
- 位置指定後修正可能
- マニュアル設定運転では、随時設定・変更する各モーターの方向・速度で自由自在に自動撮影運転が可能
- ユニパス撮影(モーター移動距離により区間別撮影枚数を自動計算する)が可能
- フリーパス撮影(区間別に撮影枚数を指定できる)も可能なので、区間別に自由に撮影枚数(=モーション速度)の調節が可能
- 撮影運転中でも設定値の修正が可能(マニュアル設定モード時)
- 撮影中に直ちに撮影取り消し可能、ポーズ(ストップ・モーション)可能
- タイムラプス撮影とビデオ撮影共に可能
- 13段階速度可変可能(60RPM 〜 300RPM)
- パン360度最大回転速度7秒
- シャッター速度0.1 〜99.9秒(0.1秒ステップ/0.1秒以下はカメラ側で設定)入力
- インターバル時間0.7〜99.9秒(0.1秒ステップ)入力
- Lead in/out(最大999カット)、Ramping(最大999カット)
- レール端のリミット・スイッチ用端子装備
- ほとんどの一眼レフカメラとレリーズ連動
- 16字4行大型LCD装着
- メイン画面ですべてのモーション設計可能
- 有線式または無線式3軸ジョイスティック・リモコンで直感的にメニューとモーション設計


【TSドーリーの主な機能】

-小型・軽量レールを使用した組立式なので、最高の携帯性と大きなモーションを両立
- 海外遠征、登山などで本格的な撮影をする場合に最適
- 持ち運びの手段により、レール・ユニットの長さを各種用意(特注指定も可能です)
- 現場の状況や撮影対象により自由に長さを調整できる
- レール端のリミット・プロテクトが可能(アセンブリーは別売)
- 引張力が高いウレタン・ベルトにて伸びたり切れたりしない
- 2040軽量プロファイルを使用し、軽量・強固
- 三段組立式レールで移動性がとても高い


製品仕様
X3pt (又はX3pt Pro)、有線3軸ジョイスティック・リモコン、プロファイル・レール、ウレタン・ベルト、レリーズ標準装備。

X3pt-TS1500: レール長1500mm、サイズL520xW150xH80mm、重さ2.7Kg
X3pt-TS1800: レール長1800mm、サイズL620xW150xH80mm、重さ2.9Kg
X3pt-TS2100: レール長2100mm、サイズL720xW150xH80mm、重さ3.1Kg
X3pt-TS3000: レール長3000mm、サイズL1020xW150xH80mm、重さ3.4Kg



X3pt操作説明ビデオです。 
これをご覧になると操作が一通り理解できるばかりでなく、HドリーやTSドーリーに載せた時の様子なども良くわかります。 
約25分のビデオです。



会社概要 - 特定商取引法に基づく表記 - プライバシー・ポリシー
  
Copyright (C ) 2013-2016 SKYPIX JAPAN. All Rights Reserved.